B-log okkam ~ごめんね、これも私なんです~

発達障害&アダルトチルドレンのある日々。あんなことやこんなこと。

今月から。

週一で通院する心療内科を水曜日から火曜日に変えてみました。

 

 

もともと水曜日にしてたのって、

 

市内のクリニックが水曜午後休診の所が結構あって、仕事終わってから行くのに融通しやすい(ちなみに、心療内科のほうは木曜が午後休診で金曜は1日休み)というのもあったんだけど、

 

それより、近くにスーパー(同業他社)があって、火曜日って売り出しやってるトコいくつかあるから、職場の人と周辺で鉢合わせするのも気まずい……、

 

というのが理由だったりして。

 

 

 

てか、同業他社ってって言われそうだけど、

給料低いパートタイマーには安いのはやっぱり惹かれてしまうからね…(大汗)。

 

 

けど、去年あたりから、やたらと混みだして、(日によるけど)10分そこらの診察に1時間以上も待つことが増えてきだして、

下手すれば薬局の方が先に閉まってお薬貰うのが翌日になってしまうことも出てきたんで、

 

じゃあ他の曜日なら少しはマシなんかなと。

 

 

職場の人には通院のこと2、3人しか話してないけど、まあ知られてしまってもいいやと、

ちょっと投げやりな部分もあるけどね…。

( ̄▽ ̄;)

 

 

 

んで、やってみたけど……、

 

やっぱり混んでた(チーン)

(-_-;)

 

 

市内に午後やってる所他にないから、もう諦めるしかないかも……。

 

 

 

で、今週先生出張で火・水休みだから、次はめちゃくちゃ混むかもしれんなぁ…。

 

 

 

とりあえず、仕事長引かなきゃいいんだけとねえ。

 

 

 

現在地。

まあいろいろと書きましたけど(…って何日か過ぎてるけど)、

そんな私の今の状況でも。

 

 

今は両親との三人暮らしで、弟二人と妹とはそれぞれ離れてて。

 

でも上の弟が市内だから、いざというときは助かる…んかな?

 

そういや自分だけが親と同居になってから、どのくらい経ったんだろ?

 

 

親も年齢的には高齢者のくくりに入るようになったし、家そのものもいろいろあったりだから、

同居してる以上はその辺も考えんといけんのかな、とは思うけど、

 

実際どうなるんやら、というところ。

 

 

で、普段は、仕事行きつつ、週に一度、以前にも書いた市内の心療内科に通院中。

 

 

今のところも行くようになってから3年経ったけど、なかなかいい方向に向かうようには行かなくて、

そろそろ考えたほうがいいのかな、と思いながらも、まあ仕事終わって夕方に行ける所なんて、市内にないからなぁ……。。。

 

 

あとは仕事なんだけど、

 

それこそネットなんかでも発達障害の人には向かないとよく言われる部署でして。

 

具体的には、経理で主に買掛(売掛の逆で、仕入れた時の伝票を元に取引先へ代金を支払うんです)というのをやってます。

 

 

で、その取引先も数えたことないけどかなりあって、

しかも支払う時の作業もあるし、請求書と合っていなかったら取引先さんに確認しないといけないし。

 

 

そもそも異動の時までPCほとんど触ったことなかったし、簿記とかの知識もほとんどなしで、

特に最初の頃はドタバタな状況だったから、ホントにどうなることかと。

 

 

けど、そのドタバタも落ち着いて来たけど、気が付いたら一ヶ月がギリギリで、有給休暇とる余裕なんてないし、

しかも度々細かいところでミスやってたり、書類が何故かいつもとは違う位置にあったり、モノ増えて片付かなかったり。

 

 

去年診断受けて、本とかネット見ながら試行錯誤してますけど、なかなかうまくいかなくて。

 

 

体調も不安定だったりするから、部署での人間関係もこじれかけてるような気が……。

 

 

なので、それだけが理由ではないんだけど、

いずれ仕事辞めるなり転職なりしたい、けどいろいろ考えてしまって一歩がなかなか踏み出せてないのが現状です。

 

 

 

まあ田舎ということで、どうしても不便になりがちなところも結構ありますしね。

 

 

とりあえず、こんな感じ。

 

 

 

日々の中でいろいろ気付いたり感じたりしたことなんかを、これから書いていこうと思います。

 

 

 

──スマホ扱うのまだド下手ですけどね(大汗)

 

 

てか、絵でも描けたらいいんだけど、正直、絵心ないからなぁ…。。。

( ̄▽ ̄;)

 

 

 

とりあえずプロフィールは書いたけど。

体調のこととか仕事のこととかあって、書くのに時間かかったけど、

後で読み返してみたら、文章めちゃくちゃ…。

(>_<;)

 

 

落ち着いたら修正しようと思います。

 

 

まあその間全く更新しないのもどうかと思うんで、ちまちまとは書こうとは思いますけどね。

 

 

 

 

それより、どこかのタイミングで、アメブロのほうで、このblog始めたの報告しようと思うんだけど、

どう書いたらいいのやら。

 

 

 

 

 

過去の見たら、心療内科の通院のはたまに書いてたけど、ほとんどが待ち時間長いとか、いつまで通院するんだろとかばかりで、あまり突っ込んだところまでは書いてないし、

ちょっとボカしてる部分もあるからなぁ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

親のこと。

最初ので発達障害アダルトチルドレン(以下ACと書かせていただきます)もあると書いたんですが、

 

ACに関しては実際診断されてるワケじゃないし、何をもってそう思うのか、と言われても、それが正しいのかは分からないけど、

 

自分なりに思うところでも書いてみようかと思います。

 

 

まあそれ以前に、自分の感情として、「父親を人として見れない」部分があって、実生活でも家庭内別居に近い状態だったりするんで、普段だったら触れたくない、というのはあるけど、

そこは我慢して、ということでね。

 

 

 

 

子どもの頃の親の記憶…、

母親に関しては、何故かあまり覚えてなくて。

 

四人きょうだいの一番上だったせいなのかな? と、仕方のない部分はあるから。

だからといって、全くの放ったらかし、というのではなかったと思います。

 

一方の父親はというと、家にいる時はいつも酒を飲んでて、気に入らないことがあると怒鳴って、叩かれたこともあって。

 

何度か家族で出掛けた記憶はあるけど、それよりもこっちの方が…。

 

 

でもどこの家庭でもそのようなものなんだと、子どもの頃は思ってました。

 

 

 

 

そんな思いが崩れたのは、前の職場(施設)に勤務してから。

 

 

15年以上も前だけど、既に入所してる子どもの半分以上が何らかの虐待を受けた子で、接するのにも悩んだんだけど、

一方で、自分に足りない知識もあるからと、いろんな本入手して読んだりしてて。

 

 

そんな中で、自分自身、それまで生きてた中で虐待を受けてたか、それに近いようなことがあったのかなあと。

 

なんとなく、子どもの頃の自分を見てるような気分になることもありました。

 

 

で、先輩とか上司に指導受ける時によく言われたのが、

「あなたが親に育てられたやり方を思い出して」

といったことだった気がするんだけど、

 

聞いてて、あれ、何かが違う…、と、違和感を感じてて。

 

 

 

 

施設を退職してからも、モヤモヤした感じが残ってたんですけど、

結局のところ、我が家がどこにでもある家庭ではないと理解できるようになるのに、もう少し時間がかかりました。

 

 

私が仕事探してる頃、父親が職場を定年で辞めたんだけど、それまでより酒を飲むようになり、名目上生活費のアルバイトするようになったけど飲酒もとでのトラブルあって辞めたことが二度あったし、

母親への罵詈雑言が酷くなったりもして。

 

それでいて、家のこととか地域行事のことはほとんど母親任せで。

 

 

私が今の会社で働くようになって、他の人の家庭のこと耳にする機会が増えた中で、

自分の家と比べたら、いろんな家庭があるのは前提としても、とにかく我が家はフツーの家ではないんだと。

 

 

その事に気付いてから、発達障害のこと関係なしに、自分は幸せになってはいけない人間なのかな…、と、思ったりもしました。

 

 

もともと結婚願望あるほうだったけど、結婚しないほうがいいのかな、とか、とにかく思い描く将来というのが、どうしようもなく悲惨なものばかりで。

 

 

 

そうこうしてる内、親の飲酒もエスカレートして、

車は既に取り上げてたんだけど、電気代とか、口座振替にしてたのができないとハガキが来て、そこで初めて預金の残高がないのに気付いて、と、

いよいよこのままだと生活も破綻しかねないからと、確か今から7年くらい前だったか、山口県にある依存症の専門の病院に入院させました。

 

 

 

その時に、病院内に掲示とかあったこともあって、初めてACの意味を正しく知ったんですけど、

完全に我が家はそれだなと。

 

 

アダルトチルドレン=「子どもっぽい大人」とか「大人っぽい子ども」ではなくて、

「子ども時代に何らかの問題を抱えた家庭で過ごし、それによる影響が出ている人」だそうです。…表現合ってないかもですが。

 

 

んで、約1年ほど、母親との二人暮らしだったんですが、確かに家の中はこの時が一番平和だったような。

 

 

 

その後、父親が家に戻って、最初は通院もして断酒会にも行ってたりしてたんだけど、いつの間にか、服薬も辞めて、断酒会にも行かなくなって、飲酒するようになって。

 

 

母親が通帳を隠してもいつの間にか再発行されてて意味もなくて、

私がヘソクリしてたのを盗まれた時には、いっそ殺したほうがと思ったことも。

 

 

今は警察の厄介になったこともあったり、病気もあったりで、以前ほどでもなくなったんですけど、

なんか油断できない部分があるなと、いうのかが現状ですかね。

 

 

 

──で、一方の母親はというと、

 

過干渉なところがあるのかな、と感じるところがあって。

 

 

 

そう思うようになったのはつい何年かぐらいなんですけど、

「親が重たい」なんていうのがTVかなにかで取り上げられて、見たら、うちの母親もなんか同じところあるなあと。

 

子どもの頃、片付けが苦手で部屋が散らかってるのが何日か続くと、いつの間にか母親が片付けてて、私が大人になってからもたまにそんなことがあるんだけど、

大事ななものだからと別にしてしまってたものまで捨てられてしまってて、ゴミ袋探すこともあるくらいで。

 

 

まあさすがにそれはきちんと片付けしない私が悪いんだけど。

 

 

あと、一人で出かけようとしても、なにかと付いて行きたがることもあるし、さすがにお互いいい年なのに…と思う事もあるし。

 

 

父親の件も、入院のことがあって、本読んだりして気が付いたこともあって、

母親が父親の飲酒をエスカレートさせてるところがあるのかなと。

 

 

まあ書いていくと切りがないんだけど、ホント、こんな家庭って、フツーではないんだろうなあ、というのが、正直なところです。

 

 

自分の境遇を恨みたくなるし、どうにかならないかと思っても制約も多いし。

 

 

ただ、親も高齢であるので、同居してる以上、今後のことの問題もあるしで、

いろいろ悩まされる日々、というといった状況ですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更にまさかの日々へ。

悩んだ末、支援センターに相談したけど、少し考えてみるで終わってしまったちょうどその頃。

 

 

実は、自分の体のことで問題を抱えてました。

 

 

相談に行く2年ほど前に、健診で比較的大きな子宮筋腫が見つかり、しばらく経過観察となっていたのですが、

この年の健診で経過を診てもらうと、腫瘍がかなり大きくなっていて、すぐに精密検査が必要ということになってしまって。

 

 

 

結果、できるだけ早く手術した方がいいとなり大学病院に紹介してもらうことになりました。

 

 

 

この時、職場の建て替えも決まり、年明けの閉店に向けて、そろそろ準備に入りだしてた頃で、

思わぬ事態に、とにかく動揺してました。

 

 

 

けど、そうも言ってもいられないので、大学病院に行くと、

(詳細は飛ばしますが)最初、手術予定が11月下旬だったのが、追加の検査次第で翌年の2月に…、となったけど、

結果が良くなくて、11月の半ばになってしまって。

 

 

そうなってからは、入院の準備と休んでる間の仕事の引き継ぎで、とにかく片付けも今後の事も考える余裕もなくて、

この期間に関してはあっという間に入院の日が来てしまったな、といった感じだったんだけど、

 

入院してからがちょっとかかってしまって、仕事復帰したのが12月の半ば。

 

 

他の人達は既に閉店中の勤務先が伝えられてて、私もメールとかで知らされてはいたんだけど、

職場復帰後、言い渡されたのは、最初に聞いてたのとは違って、まさかの本部への異動。

(今の部署)

 

 

聞いてすぐに、何故か分からないけど、血の気が引いた感じを覚えたのを、今でも忘れなれないですね…。

 

 

その際、「出来ないとは言わせられない」といった事を聞かされたように思うけど、

もしこの時断ってたら、入院前に自分の意志を言う機会があったらと思うと、悔み切れないですね…。

 

 

 

そして、年が明け、異動となったんだけど、

再手術の可能性もあったこともあって、前任の方からの引き継ぎもバタバタでになって、

いざ自分でやることになると、あれっ? となることばかりで。

 

 

ほとんど引き継ぎ出来ないままのものもあったけど、とにかく異動前と環境も仕事内容も全然違うし(しかも事前に聞かされたのと違ってたこともあったし)、

あと勤務時間も給料も減って、異動を受け入れたのを後悔してきたんだけど、

じゃあ辞めてどうするの? となるの分かってたから、仕事続けてますけどね…。

 

 

 

けど異動したことで、それまで長いこと通院してたクリニックには、休みとって行きにくくなってしまって、

代わりに、市内に別のクリニックができたので、そこなら仕事終わってからでも行けると、そこへ通院するようになりましたけどね。

 

 

で、時が進むにつれて仕事にも慣れてはきたんだけど、

一方で、ちょっとしたミスも増えてきたり、書類の片付けが追いつかなくなったり、何らかの忘れ物をするのが増えてきたり。

 

 

だんだんと酷くなってるんじゃ…、と気になりだしたので、クリニックの先生からADHD

の可能性もあるのでは、ということで、薬を処方してもらったのですが、

最初のストラテラはあまり実感がなくて、生理も不安定になったので、一ヶ月後ぐらいでコンサータに切り替えたんですが、

今度は元気な時と疲れた時のギャップが激しくて体が消耗した感じになってしまい、これまた一ヶ月ぐらいで止めたけど、しばらく影響が残ってしまって、ちょっとキツかったです…。

 

 

でも、この状況続くのもうどうにもならないんだろうかと悩み、次に考えたのが、

とりあえずこんな田舎じゃどうしても限界あるから、どこか詳しく診てもらえる所探そうと。

 

で、ネット頼りに広島にある病院に決めて、電話してみたら、予約がまさかの3ヶ月以上も先で。

 

 

少し迷ったけど、まあいいやと受けることにしまして、そして迎えた初診の日。

 

 

 

朝、天気予報で大雨になると言ってたものの家出た時はまだ降ってない状況で、これならギリギリ大丈夫かなぁ…、と思ってたら、

広島着く前あたりから降りだして、病院着いた時には大雨になってて。

 

そんな感じだったから、問診書くのも診察受けるのも本当に落ち着かなくて、結局、検査の日取りまで決まったのはいいけど、

あの後更に強まった大雨のせいで帰れなくなってしまって。

 

翌日なんとか帰ったけど、いろいろ怒られたりしてヘコみましたが…。

 

 

その後、以前にも受けたWAIS-Ⅲと、文を作っていく検査を受けて、去年の秋、ごく軽度の自閉症スペクトラム症との診断を受けました。

(判定する方によってはグレーゾーンとなるかも、とのことです)

 

 

 

 

──なんか書き始めてからここまでたどり着くまでか長くなってしまったけど、

 

診断受けたからといっても、周りの状況が変わる訳でもないし、

自分でも診断受けたのが果たして良かったのかというと、何とも言えない部分もあったりするのですが、

 

ただ、自分の中で気持ちというか、心境の変化はあったのかなとは思います。

 

 

それでも受け入れられてない部分もあるのも、正直に言うとありますが…。

 

 

 

 

現在はというと、手探りながら、どうやって対処するかとやってるんですけど、

現実はなかなか思うにようにいかず、むしろ酷くなって、体調にも出てしまってる状態で。

 

 

お通じめちゃくちゃ悪いし、頭痛いし、手足見た目ボロボロだし、ここのところ座っててもふらつくことあるし…。

 

 

まずはとにかく体のほうをどうにかしないと、ですかね……。

 

 

 

 

 

 

ひとまず、今に至るところまではここまで。

 

文章変になってしまったけど、落ち着いたらまた直したりしますね。

 

まさかの日々へ。

比較的平穏な日々に変化が出てきたのは30代になってから。

 

 

この頃になってくると、自分のきょうだいだったり、大学時代の同期も結婚していく中、

 

私自身はまだ独身の実家暮らしで、これといった変化もなかったから、焦りを感じるようになってきて。

 

 

職場でも、自分の部署そのものはそんなに変化なかったけど、上司だったり、別の部署の顔ぶれが変わったり、

あと社内でもいろいろと変化あったり。

 

 

それが自分にとっていい部分とそうでなかった部分があるのに気がつかなかったようで、

平穏とは言いながらも、知らない内に溜まってたものがあったのかもしれません。

 

 

なんで自分は他の人より作業に時間かかるんだろ? と疑問に思ったのから始まって、

変な所で大きなミスをしてしまったり、他の人から、なんか効率が悪いような仕事のやり方をしてると指摘されたりして、

少しずつ、仕事行くのがツラい時期がきだして。

 

それが体に出だしたのは、東日本大震災があってからのこと。

 

TVで津波とか実際の被害見たのもあったけど、震災がきっかけで、私が住んでる西日本でも節電とか、いろいろとありまして。

 

 

以前からもクールビズウォームビズがあったけど、ただ、職場が築30年以上で、設備も古かったりして、どうにもできない部分もあったりして、

職場の空調が強さしか設定できなくて、夏場に風が直接当たって、それがもとで体調崩すことがあったんだけど、

 

 

 

震災後のは、一言で言うと極端な部分もあったのかな、と。

 

 

例えば、蛍光灯を間引きするのはまだいいんだけど、それが出来ない場合は、スイッチを所々入れなかったりとか。

 

で、明るい場所と暗い場所とがくっきり出てるような部屋になり、あと諸々とあったりして、

夏前頃から頭痛がひどくなってきて、よく眠れなくなってしまいました。

 

 

 

寝付くのは早いんだけど、朝起きようとした時間よりも2時間も早く目が覚めてしまって、その後がなかなか寝付けなくて。

 

 

それが続いていく内に、車運転してて危うく居眠りしそうになったことも。

 

 

 

そして、9月になると、夕方頃になると何故か悲しい気分になって涙が止まらない日が出るようになったものの、

健診で特に異常も出ず、かかりつけのところで採血もしてもらったけどこれも引っ掛からずで、

悩んだ末、一度心療内科にかかってみようかと思ったものの、市内に病院があったけどさすがに抵抗あって踏ん切りがつかなくて。

 

 

 

その間にも体調良くない日々が続くので、なんとか探して、通うの長距離になっていたしいかな…、と思いながらも、

隣の市にクリニックがあったのでそこへすることに。

 

 

そしたら典型的なうつの症状があるとの診断がおり、お薬が処方されました。

(えらくあっさりと書いてしまってますが、その時のやり取りって、あまり覚えてなかったりして…汗)

 

 

 

 

通院しだしてからは、良くなったり悪くなったりしながらも、症状が落ち着いてきたのですが、

 

新しい薬も多いせいか、副作用の事とかの説明もあまりなくて、何か体におこったらどうしようとか、

通院も何年目かになってくると、1時間近くかけて行っても診察はすぐに終わってしまうし、いつまで続くんだろうと、さすがに不安になってきてました。

 

 

 

そんな折、TVとか新聞で「大人の発達障害」が少しずつ言われだしたんだけど、

まさか自分は違うよね…と思いながらも、でもそのまさかがあり得るかも、と、葛藤もあったり。

 

30代後半にしてモヤモヤとした感情を抱えてた時、職場が建て替えになるかも、という話が出てきて、

ちょっと今後の事考えないといけないなと思うようになり、一度地元の支援センターという所に相談してみようかと。

 

 

それで相談に行き、WAIS-Ⅲという検査を受けたところ、ADHDの可能性はあるとのことで。

 

 

それからいろいろと説明受けたのだけど、サービス受けるのに手帳の取得が前提となる(と当時は解釈したんだけど)といった事を言われて、

「手帳」というのにヒビってしまって、その時は、ちょっと考えてみます、と、それまでになってしまったのでした…。

 

 

 

 

 

 

 

またスーパーに。

今の会社のレジ打ちで働くことになったものの、給料は減ったし(最初の所より時給低かった…)、レジの機械も操作が微妙に違うからミスも少なくなかったし、

更には締めの作業がとにかく面倒で、今から15年も前の事とはいえ、簿記にあるような会計伝票に商品券千円×何枚、五百円×何枚、……とか、書かないといけなくて。

 

 

 

初めて閉店後の作業することになり、チーフさんに教えていただきながらやったけど、レジ締めごときにまさかこんなに時間かかることやらないといけないなんてと、早くも後悔。

 

 

失業保険貰えなくてもいいから、もう少し条件良いとこ探さないと…、と思った矢先、

別の部署の方から、今後空きが出るかもしれないから、その時声掛けてもいいかといった話をいただいて。

 

 

働きだして1ヶ月も経ってない時だったからびっくりしたけど、聞くと、母親が結婚前に同じ会社に勤務していた時期があって、その時に一緒だったとのことで、

人づてに娘さんが入ったと聞き、収入少ない所で働くなんてもったいないとも思われたらしいです。

 

 

で、少し迷ったんですけど、今後どうなるか分からないけど、現状より勤務時間も給料も増えるし、まあプラスになればいいかと受け入れ、

翌年の春、欠員が出るということで、同じ店舗の事務所に異動になりました。

 

 

でも内心では、学生時代に思い描いてた、卒業後の自分とかけ離れてしまって、就職も第二新卒とかもう望めないだろうし、

4年間かけてそれなりに作り上げたものが、それと同じ期間で崩れ去って、

 

これまでの自分って、いったい何をやってたたんだろうか、って、葛藤もありました。

 

 

 

どこから聞いたのか、私の学歴のこと知った方から、色々と根掘り葉掘り聞かれるのが、

正直辛かった…。

 

 

別に罪犯した訳ではないけど、学生時代の事なかったことにしたくてもできないし、

そうでなくても仕事はなかなか慣れないし。

 

 

けど、まだ不景気の影響で人件費を抑えてる時代だったのもあり、

私含めた3人でシフト回す部署、ってことで、勤務時間も伸びて、ついでに休憩時間も1時間半もあって、かえってそれが良かったようで。

 

 

いろいろとあったけど、他の時期と比べたら平穏な時期だったのかも。

 

そうは言っても、自分って変わってるのかな、とか、周りとはなんか違うのかな、というような違和感みたいなのが見え隠れしてたみたいですけどね…。

 

 

そんな感じで20代が過ぎていきました。